-夜泣き対策

2009年8月アーカイブ

夜泣きの原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

魔法のおくるみ?ぐずぐず&夜泣きがとまります!夜泣き、ぐずりがとまる&SID対策に!スワドル...

 

夜泣きの原因については、詳しい研究があまり進んでいないため、はっきりとしたことが分っていないのが現状です。ですが、夜泣きの原因と考えられている要素はいくつかあります。代表的なものをいくつか挙げてみましょう。

夜泣きの原因の一つ目として「環境の変化」が挙げられます。帰省や旅行などで普段と寝ている時の環境が変わった時に、夜泣きをすることがあるようです。赤ちゃんは環境の変化にとても敏感だということの表れなのでしょう。

夜泣きの原因の二つ目として「昼間の興奮状態」というものが挙げられます。いつもよりもたくさん遊んだ、人といっぱい会ったなど、いつも以上に楽しくはしゃいだ状態があった時にも、夜泣きをすることが多いようです。

夜泣きの原因として挙げた二つには「いつもと違う」という共通点があることがわかるでしょう。環境の変化を含め、何か普段と違ったことがあったというのが、夜泣きの原因の一つと考えられているようです。

この他にも、赤ちゃんは大人と比べると夢を見ることが多く、怖い夢や不安になるような夢を見たとき、夜泣きをするのではないかとも考えられています。

ただし、夜泣きの原因として気をつけたいのが、急な発熱など、病気が要因となって泣き出すこともあるということです。夜泣き=病気ではないので、敏感になる必要はないのですが、こういった要因もあるということを覚えておくといいでしょう。


小児・乳児の夜泣き・かんのむし、神経質、ひきつけなどに。小児薬樋屋奇応丸(銀粒)315粒入り...

 

夜泣きは、生後3ヵ月~1歳6ヶ月位までの一時的なものです。しかし、この時期はお母さんにとって一番大変な時期です。授乳やオムツ交換などでいつも以上に睡眠不足な状態なのに、それにプラスして夜泣きが始まるのは、体力的にも精神的にも非常に辛くなってしまいます。そこで、夜泣きと上手に付き合って過ごしていくことが大切になるのです。

お子さんの夜泣きと上手に向き合う方法として、お母さん自身があまり敏感にならないことが大切です。いい意味である程度の開き直りが必要なのです。夜泣きは子供が成長している証拠、この子は私を必要として一生懸命に泣いてくれているんだと、温かい気持ちで接してみましょう。お母さんの気持ちに余裕が出来るとその気持ちはお子さんにも伝わります。夜泣きでイライラした状態でお子さんを抱きしめてあげても、お子さんは不安になるだけです。ぜひ、ゆったり温かい気持ちで夜泣きをしているお子さんを抱きしめてあげて下さい。

夜泣きの時期を上手に乗り切っていくには、お母さんの体と気持ちのバランスと整えておくことが大切になります。夜中に睡眠が取れない時は、お子さんと一緒にお昼寝して体を休めたり、休日にはお父さんに育児に積極的に参加してもらい、ストレス解消に出かけたりするのも良いでしょう。夜泣きをどうするかというよりも、夜泣きと上手に付き合っていける自分作りをすることも、お母さんとしてとても重要なことなのです。

 

 アナ・スイ  結婚指輪  リゾートアルバイト  ベリーダンス

SIDS防止や夜泣き防止効果もあります。 100%オーガニックコットン「SwaddleMe」おくるみ 【オ...

 

ミルクをあげても、オムツを替えても、抱っこしても泣き止まない夜泣きは、本当に困ってしまいます。お母さん自身も一緒に泣きたくなった経験も多いはずです。何をやっても泣き止まないなら、もっといろいろな方法を試してみてはどうでしょう。夜泣き対策グッズとその使い方をいくつか挙げていきます。

「おくるみ」
夜泣きで泣き止まない時に、おくるみやバスタオルなどで赤ちゃんを包んでから抱っこします。お母さんのお腹にいた時のような安心感が生まれて、赤ちゃんが落ち着いてくれるようです。

「レジ袋」
レジ袋をこすり合わせる音が、赤ちゃんが胎内で聞いていた音と似ているため、赤ちゃんが安心てくれます。

「音楽を聞かせる」
オルゴールや吊りメリーなど、音楽を流しだすと激しく夜泣きをしている赤ちゃんが、ピタッと止まることがあります。また、リラックスできるような優しい音楽は、心地よい眠りを誘う効果があります。

「おしゃぶり」
おしゃぶりや指を吸う事で、赤ちゃんは気持ちをコントロール出来ると言われていて、それを与えることで夜泣きも止みます。しかし、おしゃぶりは卒乳までの使用が好ましいでしょう。歯並びの問題や言葉の問題も挙げられているので、常用するのは控えたほうがいいでしょう。

この他にも、夜泣き対策グッズはいろいろとあるようです。気になるお母さんは、赤ちゃん雑誌やネットなどで情報を集めてみましょう。

 

 子育てとストレス  結婚準備マニュアル  商品先物プラチナ(白金)

夜泣き対策法

| コメント(0) | トラックバック(0)

キレイ肌、赤ちゃんの夜泣きにも効果アリ!カモミールジャーマン

 

夜泣きをしている最中は何をしても泣き止まないものです。寝かしつける前に、リラックスした眠りにつけるよう、夜泣き対策としてベビーマッサージに挑戦してみませんか。

ベビーマッサージは、パパやママが赤ちゃんとスキンシップを取る方法の一つです。スキンシップによって赤ちゃんがリラックスできるので、夜泣きにも効果があるとされています。夜泣きの効果の他にも、ミルクの飲みが良くなったり、便秘が改善されたり、お肌の薄い刺激に弱い赤ちゃんの肌を、乾燥やオムツかぶれから守ってくれる効果、リンパや皮膚のマッサージによって免疫力が上がるなど、たくさんの効果が紹介されています。

夜泣きなどに効果のあるベビーマッサージの具体的な方法としては、赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態から、足→お腹→胸→肩・腕とマッサージした後、赤ちゃんをうつぶせ寝にして、背中→お尻・腰→背中→首すじというように進めていきます。そして忘れてはいけないのは、ベビーマッサージは必ず赤ちゃんに話しかけながら行うということです。「気持ちいいね」など赤ちゃんと対話しながらマッサージをしてあげましょう。

この手順は一例です。オムツ替えの時、お腹やお足の付け根だけマッサージしたり、赤ちゃんが心地よい部分や機嫌が良くなる部分だけのマッサージでも、安定した状態が作れるので、夜泣き対策として寝かす前のマッサージを取り入れてみてはいかがでしょう。

 

 観光  占い  スキンケア  ローンの種類と利用法
カテゴリー
更新履歴
夜泣きの原因(2009年8月 3日)
夜泣きと上手に付き合おう(2009年8月 3日)
夜泣き対策グッズ(2009年8月 3日)
夜泣き対策法(2009年8月 3日)
カテゴリー
更新履歴
夜泣きの原因(2009年8月 3日)
夜泣きと上手に付き合おう(2009年8月 3日)
夜泣き対策グッズ(2009年8月 3日)
夜泣き対策法(2009年8月 3日)